キャッシングした場合、お金を返す時には利息を乗せた返金になるのは誰もが知っていると思います。77-6-146

ローン会社は経営の利益を目的とした企業なのですから当たり前です。77-8-146

そうはいってもお金を返す方は、少しでも少なく支払いたいと考えるのが本心でしょう。77-4-146

利息制限法が定められる一昔前は、30%近い利率を支払っていましたが、適用後は高くても18%位と随分低く定められていますので、とっても良くなったと思います。77-19-146

現在のキャッシングの利息範囲は4%位から18%位の枠に定められていて、使用可能額により設定されます。77-9-146

利用上限額は借り主の信用度によって決まります。77-20-146

総量制限により一年の収入の1/3までと設けられていますので、年の収入がいくらなのか?どのような職についているのか?カードの使用履歴はどうなのか?等が調べられ与信限度額としてキャッシングの内容が決まります。77-1-146

カードキャッシングの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各企業で利用可能額は同じではありません)と広い範囲があります。77-13-146

こうしてその枠の中で決定した利用可能額により金利も決まるのです。77-11-146

50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら年率4%といった数値になるでしょう。77-10-146

要するに信用度が良ければ、与信額も多くなり、利率も下がります。

この利子に疑念を覚えるのは自分だけでしょうか?余談となりますが、カード業者にとって、それらの事実は当然なのかもしれませんが、年の収入の高い人がローンサービスの必要があると考えずらいですし、仮にキャッシングローンを利用したとしても金利がどうであるとお金の返済に困る事はないです。

むしろ年収の少ない人は即座にお金が必要なので借りる方がいて、利息が良くないとお金の返済に追い込まれるはずです。

ですので使用可能範囲の少ない人にこそ低利子で活用できるようにするべきなのではないでしょうか。

これらは利用する視点からの考えではあります。

これらの事を考えると、利率を少なくする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら気付いたでしょう。

実際にこのようにして手続きを申し込む人が大勢いるので知らせますと、キャッシングサービスの申請をする時に、収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みの手続きをするのです。

年収450万円なら150万円。

年収900万円なら300万円でこの審査で満額通ればその分だけ利率が低いキャッシングカードを手に入れることができると思います。

だからと言って限度額ギリギリまで利用しなければならないというわけではありません。

10万円でも20万円でも必要な金額だけ利用ができます。

そして利用限度可能範囲が300万円で最低利息年7%位の金融会社も存在しますので、その金融会社に手続きを申し込めばその金融会社の最低利子で利用できるようになるはずです。

どう感じましたか?やり方を変えるだけで低利息のクレジットカードを持つことが出来るのです。

自分自身の年収とカード会社の利率を並べて、調べる事さえ怠らなければ、より望ましい状態で借りれるため、面倒だと思わず確認するようにする必要があります。