LINK

30代後半から40代くらいから関節痛を感じるようになる人が多いみたいです。エポスカード

また、遅くても50代までにはどこからしら関節痛の経験がある人がほとんどになりますが、特に関節痛で苦しみやすいのが、太っている方や、運動不足の方だと言われていますから、まずは関節痛を防ぐため、そして和らげるためにできるだけ減量を心がけたり、運動を普段から行うようにしましょう。

ですが、年をとって急にスポーツを始めたりすると、急激な運動量や、スポーツ特有の姿勢による負担などによって関節痛を患うことも少なくありませんから、年をとってからは急にそのような激しいスポーツをやるのはやめて、体に優しい負担のない運動にすることが大切です。

また、普段から姿勢が悪い人も関節痛を患う率が高くなるようなので、姿勢よく過ごすように心がけてください。

また、O脚の場合も負担がかかるぶん、関節痛への影響がありますから、できるだけO脚矯正を試みたり、O脚のためのインソールなども活用しましょう。