クレジットを契約解除する際の手続きだけならばまことに易しいことに違いありませんが契約失効する手続きを行う前にチェックしておきたい何個かの注意点を頭の隅に入れておけばクレジットカードの契約失効についてもトラブルなしに進めることが易しくなるに違いありません。79-4-146

列挙してまとめましたためもしもの時は読んで役立ててください。79-6-146

クレカ登録した後特別の事情無く即試用不可能化してしまうのは危険⇒カード届け出したのち即座にそのクレカを無効化を行ってしまうと要注意人物という具合にクレジット会社に認識されるというありがたくない出来事がある(例外的に何度も加入⇒試用不可能化という作業を行ったというとき)。79-7-146

成約時のプリペイドカードのプレゼントの獲得が目的であるカード発行のケースではプリペイドカードもしくは優待券というような申請時の利点を残らず味わい尽くしたので即カード無効化の手続きを行いたくなってしまうような人情もわかる。79-1-146

とは言うものの、クレジット取扱会社からの立場において見れば計算高い契約者に対してはもう自分の会社の準備するクレジットカードを保有されて迷惑をかけられたくないなどというように利用者を切り捨てるとしても怒ることはできないでしょう。79-3-146

万が一契約時の限定特典だけを目当てにクレジットをというものを作った場合でも直ちに登録解除手続きを実行せず最小でも180日、出来れば1年そのクレジットを使用可能な状態にして登録解除はその後に行うことを推薦したい。79-20-146

もしくは契約時のプレゼントに限らず同様に申し込んで財布に入れてはみたものの使いづらいのでというように考えてしまうケースにおいても最少でも180日経つ間は財布の中のクレジットを所有して頂きたいと思います。79-19-146

クレジットカードの使用者の何となく思っているよりもクレカという代物を始めから作る際にかかる経費というのは生じてしまうものですから少しでも手間を減らしてあげよう・・・という具合に相手を気遣って余裕あるコミュニケーションを取って頂けるとお互い気持ちよくなれると考えれます。79-8-146

79-14-14679-2-146