LINK
何かを持ち上げた時、あるいは起き上がろうとした時など、何かの拍子に腰を痛めてしまったという経験をお持ちの方も多いでしょう。軽い腰痛であればしばらく安静にしていれば治るので、湿布などを貼って腰に負担をかけないようにしていればよいのですが、なかなか腰の痛みがひかない場合は本当に困ります。 腰痛の原因というと腰に負担をかけすぎてなるものと思っている方もいると思いますが、腰痛は内臓の病気が原因のものや運動不足、最近ではストレスでも腰が痛くなることもあるということもわかり、ほんの少し腰が痛いだけだからと笑って済ませられなくなっているのです。 もちろん腰痛のすべてが大病に繋がっているわけではありませんので必要以上におそれることはないですが、しかし現代人はいつ腰痛になってもおかしくないようになっているので、普段から腰を痛めないように軽い運動をしたりストレスを溜めないなど、腰痛になる危険性を減らす努力をしたほうがよいでしょう。