LINK
野球におけるピッチャーの醍醐味といえば相手バッターを三振に切って取る豪速球を挙げる人は多いと思いますが、私は変化球であまり球数を使わずに内野ゴロに仕留めるピッチャーに対してとても尊敬の念を抱いているんです。どうしても変化球というと小手先のテクニックじゃないかと言われそうですが、それを修得するためには相当な血の滲むような思いをして手に入れているのではないかと重います。メジャーリーグに行って大活躍をしているダルビッシュ投手を速球派ピッチャーと評することがありますが、実はダルビッシュ投手ほど多彩な変化球を身につけているピッチャーはなかなかいないのではないかと思います。彼の投げる球種は10種類を超えるのではないかと噂されるくらい、どれも切れの鋭い変化球を自分のものにしているんです。今度メジャーに行く田中将大投手も速球がすごいですが、本当は切れのあるスプリットを最大の武器としています。大投手になるためにはやはり変化球を自分のものにすることが前提となっているのだと思います。